会社案内訪問販売法に関する表\記問合せ
みみ太郎の特徴製品紹介開発の歴史利用者の声事例紹介掲示板Q&A無料貸し出しご注文



[ ツリー表示トピック表示新規投稿記事検索記事削除 ]

No.161 難聴と認知症の関連性? 投稿者:たーぼ  投稿日:2011/07/20(Wed) 11:29
SX-008Wの貸出を希望し、1週間程度で購入を決めた者です。使用しているのは70歳の母親で、それまで普通の補聴器を使用しておりましたが、特に大勢の中では頭が痛くなると言っておりました。途中で紛失させてしまい、どうせ購入するならと片耳約20万程度のデジタル補聴器を左右用で購入。しかし、度々、乾燥や調整で購入店まで行く必要がありました。最初の補聴器よりは、聞こえがましではあったようですが、時に実家に戻るとテレビのスピーカーが割れんばかりの大音量でした。私は仕事上、高齢者と接する機会が多く、この14年程度、沢山の高齢者を観察していると、難聴の方で認知症が発症したり、悪化したりする利用者が多く、実際に母親も、健忘症と思われる症状が現れ始めたため、サプリ(フェルガード)で様子をみておりました。長谷川式等の認知症テストや状態の観察では、アルツハイマー型ではない様子(診察はしていない)。何とか難聴の改善ができないものかと・・・・そして「みみ太郎」をネットで知り、早々に貸出を希望したのです。私の祖母(母方)も難聴であり、健忘症を通り越し認知症となっておりました。SX-008Wの装着で、私の普通の会話でも十分認識している様子で、テレビの音量もかなり下げております。ただ、今までの補聴器が小さかったものですから、外出時は、少々嫌がり、補聴器の使用をしております。機械等で何とかなるなら、聞こえない状態で我慢させず、最期まで自宅で生活をさせたいと思います。私は医者ではないので難聴と認知症の関係を説明する事はできませんが、海外の研究では、関連性についての記事もあるようですね。



No.162 RE:難聴と認知症の関連性? 投稿者:管理人  投稿日:2011/07/21(Thu) 14:32
お母様との会話も普通の声で成り立つようになったようで、なによりです。
(^^)大変嬉しく思います!

たーぼさんの言うとおり、難聴から認知症へと進んでしまったという方の話はよく耳にします。

家の方が、認知症の初期だと思っていましたが きちんと聴こえるようになったら、まったく以前と変わらずハキハキした生活を送るようになり 認知症ではなく難聴のため間違えられていた。などというお話もあります(^^)

やはり、耳からの情報というのはとても大切で 家族や友達との会話はもちろん、外の様子やテレビからの情報により 脳の活性化には大きな影響があるのだと思います。耳から得た情報によりとてもたくさんの事を考えたり想像したり…会話の返事を瞬時に考え、言葉で表現したりしますもんね

以前調べた事ですが、スウェーデンの大学で認知症高齢者に難聴者が多いことから なんらかの関係があるのではないか? という事で研究が進められているそうです。
その時の報告では、聴力低下の始まった高齢者に初期の段階で補聴器や聴覚機器を使用した場合、認知症障害の症状を表わしていない事が判明した。という記事を見ました。
とても興味深いですよね
今後の研究にも期待したいです!





返信する

は必須項目です

題 名
本 文
名 前
e-mail
削除キー
文字色









  みみ太郎の特徴製品紹介開発の歴史利用者の声事例紹介
掲示板Q&A無料貸し出しご注文問合せ

みみ太郎(SX-007、SX-5)は群馬県研究補助開発後継機です
株式会社シマダ製作所
群馬県富岡市妙義町大字行沢264-1
TEL 0274-73-3044 FAX 0274-73-3131
E-mail info@mimitarou.com
URL http://www.mimitarou.com

Copyright2002 ShimadaManageDevelopment Co.,Ltd

Tree bbs ver2.0 by Progoo